はじめに

産後、私は抜け毛に悩み、元に戻るという状態になるまで、一年半上はかかりました。

どんどん抜けていく髪の毛を見て、私は病気なのではないかと思い悩んだこともあります。このままどうなってしまうのであろうと不安になったことを今でもはっきり覚えています。

一人目の出産の時は、あまり気抜け毛は気にならなかったのですが、二人目の出産の時は抜け毛がすごかったのです。考えられる原因としては、高齢出産ということでの母体の回復が遅いということと、帝王切開での出産だったので、自然分娩より体への負担が大きかったことが考えられます。

そして、生活習慣からくる抜け毛の問題のほうがもっと大きかったと思います。産後は、ほとんど体を休めることができず、上の子もまだ3歳になったばかりという、まだまだ手がかかる時期でもあり、とにかく目の前のことを片付けるだけで精一杯だったのです。

睡眠もほとんど取れず、食事もただお腹がいっぱいになればいいといった感じでした。そんな生活習慣から、ホルモンバランスも崩れたままで、体も回復しなかったのです。

そんな追われている生活で、産後の抜け毛が始まり、精神的に辛かったです。特に外出するのが嫌でした。

高齢出産ということもあり、少しでも若いママでいたいという気持ちがあるのに、鏡に映った自分の姿は、老け込んだ女性なのです。髪の毛のツヤがなくなり、全体的に薄くなっていく症状は悲しい気持ちにさせます。

このままではと思い、原因を調べ対策を考えたのです。頭皮の血行不良、女性ホルモンのバランスの乱れとありました。その時、自分自信の頭皮を触ったところ、ものすごく硬くて、触っただけでも痛いのです。軽く毎日頭皮のマッサージを数分行い、増えてきた白髪にも、天然成分のヘナを使うなど頭皮への負担を減らしました。

その結果は、かなり改善されましたが、それでも数年たった現在も、頭皮は目立ちます。女性用の育毛剤があることは知っていましたが、
自分が使うには少し恥ずかしい気持ちがありました。

しかし、冷静に考えてみると、普段、スキンケアはものすごくすると思います。顔、手、足、足の裏までと。頭皮も肌なので、ケアをするべきものなのです。

そう考えると、育毛剤という呼び名に少し抵抗がありますが、頭皮のスキンケア美容液とでも考えれば、全然抵抗がなくなります。毎日、顔のスキンケアをするように、頭皮も育毛剤でスキンケアをしました。注意として、育毛剤と一言で言っても、男性用と女性用があります。これは抜け毛の原因がホルモンである為、配合されている成分が異なり、働き方も違うのです。

頭皮のケアをすると、頭皮、髪の毛は必ず応えてくれるものなのです。ボリュームが元に戻ってきて、ツヤのある髪の毛にもなってきます。そうすると不思議なもので、とても若返った印象になるのです。ここで初めて思いましたが、髪の毛は女性の印象を決める大きなポイントなのです。育毛剤での頭皮ケアによって、こんなにも女性として感じが変わるものなのです。これからは、美容グッズの定番になることは間違いないと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ